こだわり

様々なこだわりを持って仕事をしています。

木工へのこだわり

伝統的な軸組み工法においては、材料の見たてが重要です。
材料がどんな性質を持ち、どのように変化するのかを読んだ上で適材適所に使い分けできる大工さんでなければ本物の木造住宅はできません。
「のみ」や「カンナ」を使えない職人が多くなっている近年ですが長谷川工務所の大工は自分の腕に誇りを持ち完成直後はもとより、何年、何十年経過したときでもお施主様から感謝の言葉をいただける仕事をするため毎日一生懸命にがんばっています。

国産材へのこだわり

長谷川工務所は国産材にこだわっています。
日本の気候・風土の中で育った国産材は材料としても気候・風土に順応します。単価の安い外国産材を使用するには、多くの化石燃料を使用し、多くの二酸化炭素を排出しながら日本へ輸入されなければなりません。

また、現在日本国内には、外国産財に需要をうばわれ、国産材の需要が減ったために、管理されずに放置されてる森林が多く存在します。管理されない森林の二酸化炭素削減能力はきわめて低くなってしまいます。
小さなことかもしれませんが、長谷川工務所は、少しでも地球環境を守りたいと考えております。

また、川俣町では林業ならびに町内における住宅関連産業、商業の振興により地方経済の活性化を図るために、木造住宅の新築又は、増築をするものに対し、予算の範囲内で奨励金を交付しております。
詳しくは下記をご覧ください